快調談話室

文書編集


パソコン文字・漢字・文章 変換おもしろ講座

PCワードに書き込んでいて文章変換した時に全く違う漢字や言葉に置き換えられ独りプッ!と噴出してしまうことが良くある。そう、皆さんも経験があるに違いない。

縁起でも無い漢字が出てきて嫌な思いをすることも良くある。四季が死期になったり 自己が事故になったり、でも余りに面白い時はそのまま採用することもある。
先日掲示板にも載せたが 『おいるこうかん』が「オイル交換」と正しく変換されず「老いる高官」となったのでそのまま採用した。
もっと面白いのは『板取に近づくと“金木犀の香り”がして秋を感ずる』と書こうとしたら『金も臭せえ香り』と変換され、これは余り下品なので不採用とした。

きわめつけとして、これは面白いなどとは言っておられない深刻な内容に変化してしまった例をひとつ
今大会の夜みんなで歌う歌詞カードをつくる為に森山良子さんのヒット曲【今日の日はさようなら】を打っていたら・・・・

原曲(1) いつまでも 絶えることなく
    友達でいよう
    明日(アス)の日を夢見て
    希望の道を

以上が正しい歌詞なのに一発変換すると
誤訳(1)いい妻でも 耐える子と泣く
     頭打、血で異様
     明日の日を夢見て
     希望の道を

と変換されてしまった。この内容になると原題とは全く意味が違ってくる。

よき妻であっても子供の怪我を防ぐことが出来ず、頭を強打し、血が流れて異様な状態になっても耐えている子の姿を見て一緒に泣きながら明日の日を夢に見て希望を持って生きようとしている。 けなげな母と子の歌になってしまう。
笑って済ませない文章変換である。

次回は英文和訳のおもしろ特集をやりましょう。今日の日はさようなら はいっ!規律!礼! 

Comment(0)

おふろード大会 裏通り


前日集合は楽しいひととき
明日12日からは公式行事となり、公人(快調)として動かねばならないが、本日はいち個人の怪鳥なり、無礼講でビールも上手い。周りには聞きたくないだろう駄洒落を連発し、顰蹙(ひんしゅく)を買う。

【写真1】 今夜のオークション出展品 左から戦車搭乗員防音戦闘帽 コザック兵型防寒帽 マイナス11℃まで耐えれる厳寒用テント イタリア警察純正皮ジャン ジェット機用インカム付きヘルメットほか

【写真2】炊き出し婦人会トリオ ♪現在・過去・未来♪の揃い踏みでボルシチならぬ“ボロハチ”の準備作業におおわらわの高野夫人・リカさん・奥魔
UJのオレーシャさんに訊きました。「日本の豚汁は如何ですか?」 「はい、この味はとてもロシア人に合っていると思います。美味しいです」 と社長以下スタッフ殿は何度もお替りされていました。 良かった・・・ホッ

【写真3】焼きそばカラッチさん 「あらっ?もう無いの」
     「へい!おかみさん 全部売り切れやしたぁ」

【写真4】歌唱指導  「オイッ!!そこの同志!!声が小さいぞっ!それでどにぺれ隊員と言えるのかっ!」とは言っておりませんでした(笑) 激を飛ばす東京事務局長高野氏と熱唱するヘルマン氏   
2008年10月12日(日) No.181 (快調)
Comment(0)

大会裏通り その一


 いつにない秋晴れの下、板取川の清流に沿うようにワイディングロードがあり、車は林の下を陽と陰を繰り返しながら遡って行く。
まるで自分の車が針となって森と森を太い道路の糸で縫っているようだ。
道路の両脇には「鮎つり」「鮎おとりあります」とか「鮎料理」ののぼりや看板が自然と目に入ってくる。
まもなく全国大会開催場所、TACランドいたどりキャンプ場だ。
本部出発前に管理人の矢川 周氏から直前のキャンプ場周辺の紅葉前の写真が数枚と安全到着を念じた手紙を添えて送られてきていた。
管理人とは下見の際に会っただけなのに管理事務所に着くと気安く旧知の友人の様に明るく出迎えてくれた。
「事前に送りました荷物届いてますか?」の質問に対し
「ハイ、中味は飲料でしょう?冷蔵庫に冷やしておきましたよ」
まぁ何と気の利いたことだろう、近くに店も少なく氷の入手も困難で「川で冷やそうか」などと奥魔と心配相談をしながらの到着だったので一瞬の間に問題解決し、奥魔と顔を見合わせ悦んだ。

その後も管理人がロープを持参してやって来られ当会の旗の最も視やすい位置関係をアドバイスし、自ら木にくくりつけてくれた。荷物の降ろし作業から受付配置やテントの設置が完了する頃、管理人から再び諸道具の貸し出しまで親身に応援いただいた。

 今年で13回目の大会、数々のキャンプ場を利用してきたがやはりバイクのクラブとなると一般客から特異な視線で見られ、また実際、騒音などで迷惑も掛けているので気も引ける、場合によっては管理者に苦情も行き注意を受けることが多かった。
これらの経験から、管理人から明るく接していただいた事がクラブ主宰者にとっても勉強させていただいた1日目であった。
【写真】 いたどりキャンプ場
【写真】1.松戸の快人 ヒッチハイク専門だった快人、今回はBMWRTソロのヒッチバイク、お歩き専門の山男と思いきや、実はガレージの中にはドニエプルをはじめお宝バイクがザックザックの噂。    

2008年10月11日(土) No.180 (快調)
Comment(0)