快調談話室

弘法大師とおくまさん


【久万里の昔ばなし】

SANO長官がおくまばあさんのいわれのある饅頭を発見した。
これは長官が廻っているお遍路、四国八十八ヶ所を巡っていて見つけたもの。

長官は四国、土地柄お遍路によく出かけておられるが今回は徒歩で廻ったそうな。
我が奥魔もメジャーになったもんだ。

 我輩も身太膨(メタボ)解消のため先日、役場まで歩いてみた。
すると
『へぇ〜こんなところに卓球場が・・・ふ〜んここにはクリニング工場があったんだ・・』
現役時代は会社と家の往復のみであったからなのか、長年住み慣れた街でも意外と知らなかった、新しい発見の都度、興奮をおぼえる。
徒歩、自転車、バイク、4輪とそのスピードによっても見えてくるものも違ってくる。

今回は徒歩。路地の隅々から、出会う人の表情まで読み取れてしまう。
スローライフになった分だけ奥が深い今日この頃である。
2009年02月19日(木) No.208 (快調::一般)
Comment(1)

上方落語独演会【ご隠居の知ったかぶりG7】 


お題【知ったかぶりのご隠居さん】
                             どに亭 怪鳥
八っつあん・熊さん:最近のニュースてえと横文字ばっかあで訳 分かりゃ〜しねぇな〜1度ご隠居に教せえてえもらうべか

八っつあん熊さん:んちは!んちは!ご隠居さんはいるか〜い?
         おっ!ご隠居 “G7”って何のこったい?

ご隠居:ん?そりゃ〜おめぇえ・・・・何だろうよ、、G,G・・え〜と え〜と、 
    うん、そうそう、痔の悪い連中が7人集まって痔持ちの辛れ〜苦労話をしたり、治療方法を考える寄り合いさ〜

八っつあん:へ〜、どこの国でやってんだい?

ご隠居:そりゃカナダだろうよ

熊さん:カナダ?ご隠居さんは何んでもよく知ってんだ、インテリだね〜

ご隠居:そりゃ〜長く生きてりゃ分から〜な、
    あの記者会見てみな、偉え人の目が“トロント”しているだろう

八っつあん:ご隠居、イタリヤじゃね〜のかい?“おーそれみよ”つうくれぇだから・・・

熊さん:ありゃほんと眠たそうだね。
    何だって聞くところによると風邪薬飲んだっ、つ〜よ

ご隠居:そうだな〜あんな風になんないように熊も風邪薬飲んだ時きゃ〜よ、バイクで配達に出ちゃいけね〜よ、お酒と同じだからね。
    事故ッたりしちゃ〜おめ〜も辞任ものだよ

熊さん:そう言や最近辞任するお偉方多いね〜
八っつあん:だから“じにん党”つうのかい?

ご隠居:???・・・

八っつあん:そのお偉方は “晩三回”も酒を飲んだってえことも聞いたよ。

ご隠居:八っつあんそりゃ“晩餐会”の聞き違いだべ
 
―お時間が来ました、おあとがよろしいようで―
2009年02月17日(火) No.206 (快調)
Comment(0)

言葉の重要性の認識


Aリーダーの不用意に発した言葉から眠れるライオンがむっくりと起き上がり吠え出した。
このライオンは当時、分かりやすいフレーズ「聖域無き改革」で良きにつけ悪しきにつけぶれることなく民衆の心を捉えた人だった。
ついに窮地に立たされたAリーダー。

言葉はその時おりで永遠の媚薬や美酒になったり武器や麻薬、麻酔にも化ける。

【その一言】で彼女との永遠の愛が生まれたり、永遠の別れが待っていたりします。
「君の瞳に乾杯!」 映画“カサブランカ”第2次大戦中、ナチス・ドイツの制圧下にあったパリとモロッコのカサブランカでH・ボガード扮するリックが、イングリッド・バーグマンの演ずるイルザにこの言葉を4回も言いうのです。この名台詞はアメリカ映画協会のランキングの1位に輝きました。
ロシアのことわざに「舌はキエフまで連れてってくれる」というのがあるそうな(交通機関の発達していない昔でも言葉さえあれば辿り着けれると言う意味)

【その一言、スローガン】は民衆をも動員し国をも動かすのです。
「一億総玉砕」「一億火の玉」「一死報国」「撃ちてしやまん」「欲しがりません勝つまでは」「月月火水木金金」等などの言葉で国民が駆り立てられた暗い嫌な思い出なのですが。
ロシアのことわざに「遠くから来た者は嘘がうまい」があるそうな(現代のネット時代と違い、昔は相手が遠くの事柄は確認出来ないので言いたい放題のウソがつけると言う意味)

【I have a dream】余談だが戦後、バイク好きだった親父が知り合いの米国人に「I have a dream」(私はホンダのドリーム号に乗っている)と自慢話をしていたが、同じ言葉でもキング牧師が 「I Have a Dream」( 私には夢がある)と演説(1963年リンカーン記念堂へ向かうワシントン大行進において)することで公民権運動の象徴となった有名な言葉なのです。

【CHANGE】 最後にご存知オバマ新大統領が発した耳にタコができる言葉。
“チェンジング・レーン”っていう映画がある。無謀運転で車線変更したことがきっかけで出会った2人の男の大事な書類が入れ替わる、それを取り戻す為にに数々の事件に発展してゆく恐怖映画は如何。
ロシアのことわざに「雄弁は銀、沈黙は金」Слово-серебро, молчание-золото.がある。

私は「CHENGE」の言葉を聞くと車のチェンジ車とオートマ車を思い浮かべる。悪路や林道走行が好きな私はチェンジ車の方が好きである。
同様に経済が好調に進んでいる時、オートマは流れに沿い順調に走ってくれるからそれはそれで良い。
しかし、今日の様に経済が疲弊し、明日の視えない悪路状態であればその時折に応じたギヤーを頭脳で選び、時にはエンジンブレーキを利かせながら、時には猛ダッシュで切り抜けて行く才覚をリーダーは持ってもらいたいものだ。
2009年02月13日(金) No.205 (快調)
Comment(1)

腑甲斐なるあんさん(ふがいなる あんさん)


『腑甲斐なるあんさん』:ファイナルアンサー

TVでミリオネアというクイズ番組がある。
これは1998年イギリスで制作された『WHO WANTS TO BE A MILLIONAIRE?』の完全日本版だそうです。
司会者が「ファイナルアンサー?」と尋ねる。
回答者が返答に困ったときには“ライフライン”という奥の手があって会場の人や身内に訊ねたりして難関を乗り越えて行くのがおもしろい。

最近どこかの国会の中継を観ていると上述の番組を観ているようであった。
先日は国語の漢字テストをしていた。
昨日は歴史のテストだったっけ?
クイズの出場者はAリーダーだった為、先に50:50 フィフティーフィフティを使って登場。何度も「ファイナルアンサー?」と聞き直され、その都度、言い直し、回答がぶれて会場から失笑をかう。 既にライフラインであるテレホンも使ってしまっている。最期の切り札だった方法のオーディエンスでみんなの考えを訊くことにしたようだ。で、その結果は『14%』と出た。
そろそろドロップアウトなのか・・・

【脚注:あんさんとは?】 あうんさん・すーちーさんのことではない。
関西、特に大阪弁には相手を呼ぶ言葉に対し様々な呼称がある。あんた、あなた様、だんなはん、だんはん、奥さん、大将、おたく、ご主人など、これに加え、お主、貴殿、お前、貴様、貴方、君、貴殿、などの標準語や地方なまりを入れると数え切れない程ある。
米英なら“YOU”ロシアなら“Bac”(親しい人にはチビアー)と数少ない。日本に来られた外国の方は覚えるのに大変である。
今回上述した【あんさん】は“あなた”と“あんた”の中間に位置する関西代名詞なのだと思ふ。
その他におもしろい大阪弁で【そうでおま】っていう困った言葉があります。 これは【そのとおりであります】の意味なのですが、日本に来られた外人にとっては【そうです】なのか【そうではない】なのか、どちらか分からず困ってしまう単語なのです(笑)

【写真】文中に関係なく、WH屋上から見た駐車場
2009年02月10日(火) No.203 (快調::一般)
Comment(1)