快調談話室

WH.公衆電話設置


お役目ゴメン状態の公衆電話BOXが手に入りました。
寒空の下でたたずんでいるのを救出しました。
神戸から真っ赤なラシーンの天井にくくりつけ走って来たのであまり目立ちませんでした。

現在は掃除道具入れになっていますが時間ができれば錆びを落とし、再塗装してやろうと思います。

再生後の用途は着替え室にはチト狭すぎる。サボテンの温室? 何に使うのが良いかな?
携帯電話がかかって着た時に話す場所に利用するのが良いかな・・・  
2010年01月30日(土) No.322 (快調::本部基地)
Comment(0)

アールヌーヴォー 第二弾


♪今は〜 もう冬〜 誰も居ない津山〜♪

朝は氷点下マイナス−4℃ 
エンジンカッターで間伐材を切断しストーブ用薪割り作り、昼間は小春日和なので少々汗ばむ程、津山の寒暖の差は激しい。

久しく無かった津山WHに新しいニュース
アールヌーヴォー調の薔薇アーチが誕生した。
例の吉岡工務店鉄の芸術チームが造った“匠の技第二段”です。

夜間の照明つきなのでこれに薔薇が巻きついてくるとグリーンの中にほんのりレッドのバラが映し出されるという趣向は如何ですか?

夜になると窓辺を見ながら片手にグラスを持って♪酒とバラの日々♪
いいじゃありませんか・・・

ん? ギョギョっ!窓のガラスに反射して映っているのは奥魔じゃないですかっ!「だすげてぇ!」

2010年01月24日(日) No.321 (快調::本部基地)
Comment(0)

阪神淡路大震災 写真集


神戸の街に入る為の救援車輌、輸送車、復興機材運搬車、救護車の集中に加え道路の亀裂、崩壊、道路の大半を占拠した瓦礫や復興資材などが氾濫し、さらに信号機は機能せず渋滞に拍車をかける。
車を尻目に追い越して行くのが人と言う皮肉な現象となっている。如何に高度な文明も自然の力には非力か良く分かる。
当時通勤には車は使えない、神戸のサラリーマン姿は震災ルックといってジャンパーにリュックサック、それに帽子とマスク、この姿は銀行の預金引出し窓口で防犯カメラが捉えた犯人像によく似た格好であるが皆んなが同じ格好なので違和感はなかった。復興を急ぐ街は粉塵が凄く、中にアスベストも飛んでいるとすれば悲惨な飛散。マスクは必帯であった。公共交通機関も勤務地までは開通していなかったので近くの駅からは皆歩いている。
 結果、バイクが1番効率が良い移動手段であると判断、途中からしばらくの間通勤も仕事もバイクを利用することとなった。

【写真説明】 ・マンションの途中が崩れている ・港の岸壁が崩れ、駐車していた車輌が折り重なっている・港の倉庫前にあるコンテナが海に浸かっている ・本船のコンテナを積み降ろすガントリーグレーンの足が折れ曲がり荷役不能となっている。
2010年01月17日(日) No.314 (快調::本部基地)
Comment(6)

阪神淡路大震災の写真集


昨日は阪神淡路大震災が起きた日、TVではドキュメンタリー映像や検証番組などが放映されていた。発生が1995年1月17日AM05:47 神戸に本部がある当会の設立が1993年4月、時の経つのは早いものだ。
当時私は神戸港で物流関係の仕事に従事していたので撮った写真、そして通勤の途中で撮った写真がここにある。

【写真】 多くの犠牲を生んだ死が無駄にならぬ様にこれを教訓として後世に伝えて行く必要も一方であると思うので、当時通勤や仕事の合間に撮った数々の写真の内、被災現場が個人を特定されるものは余りにも悲しく、思い出されるので不特定多数の公共のものだけを公開します。

【写真説明】JRの脱線現場 阪神高速の倒壊現場
2010年01月17日(日) No.313 (快調::本部基地)
Comment(0)

迎春


あけましておめでとうございます

御家族の皆様には、お健やかに初春をお迎えのことと存じます。
旧年中はこの談話室においでいただきありがとうございました。
厳しい時代であった昨年の中にCHANGEとか交代とか活字が踊りました。
我が家庭内でも賞味期限の過ぎた怪鳥と奥魔との間に家長の政権交代の日があったりしました(笑)そして今年からはハイブリッド(年金&アルバイト)な生活に入ることになりましたが二人とも僅かな燃料でも良く動く体です。油断すると身太膨(メタボ)に成る程の地球に優しい省エネタイプなので何とかなると楽観しております。
また1年間時間の許せる限り楽しいお話を皆様にお届けしたいと考えております。
 今年も皆様にとって良き年でありますようお祈りいたします。
                               敬具
2010年01月01日(金) No.309 (快調::本部基地)
Comment(3)