快調談話室

日本!ファイト! 各地より


16年前の阪神大震災の時、神戸メリケン波止場に隣接するホテルオークラが夜間、部屋に明かりを灯し、ファイト!の文字を浮かばせ我々市民を励ましてくれました。
11日、再び“ファイト日本”のライトアップメッセージが被災地に向け点灯された。懐かしさも合わせ、こみあげるものがある。左はポートタワー

我がどにぺれ会も休眠状態となっているが久々にニュース写真の中に“DNEPR”の文字を見つけた。
これは世界最大級の高所放水ポンプ車を福島原発原子炉冷却の為、アントノフ貨物機ロシア製An-124に乗せられアメリカ・ロス空港から8日、日本へ送られようとする場面、この航空会社は自衛隊のイラク派遣物資やきぼう日本実験棟などの実績があるヴォルガ・ドニエプルク航空と思われる。

こうして、平和の目的でアメリカやロシアの活字が躍ると嬉しいものである。
2011年04月12日(火) No.379 (快調::一般)
Comment(0)