快調談話室

イワコレ・がまだせ 15(思い出から明日に向かって) 最終回


熊本地震ではこれまでに、新聞やTVニュースなどを見ていると、4月14日に発生した熊本地震発生から2カ月となった現在死者不明者が50人、熊本県内ではいまだに6431人が避難生活を余儀なくされているそうで、余震が多かった2004年の新潟県中越地震でも、1千回を超えるまでに約1年かかったというのに、熊本地震では、たった2週間で到達。今日まで体に感じる震度1以上の地震は1728回発生しており、5月以降は、震度5弱以上の揺れが発生することは無いものの6/12には震度5 弱や翌日4の発生がありました。そして16日には函館で震度6が発生。全国のいつどこで起きてもおかしくない日本列島のようで県民の不安はおさまっていないようです。
政府の地震調査研究推進本部は先月13日、「1975年の阿蘇地震や1997年の鹿児島県北西部地震など、九州地方の過去の地震活動を見ると、M6クラスの地震発生後、2〜3カ月後に震源に近い地域で同程度の地震が発生したことがあるため、今後も最低2カ月程度は、M5〜6、震度6弱以上の余震に見舞われるおそれも否定できない」と警告を発している。 
私達の青春の思い出がぎっしり詰まった心のミュージアムから多くの展示物が壊れても、イワコレスタッフの皆さんと私達(来館者)との間に繋がれた糸(絆)は1728回以上揺すられようが解ける事も切れることも無い強固な絆で出来ていますので、これからも地震に負けず私達を青春時代にタイムスリップさせてもらえますよう頑張って欲しいと祈念しております。
                                     おわり
2016年05月05日(木) No.562 (未分類)
Comment(0)

イワコレ・がまだせ 14(救世主)


今日バイクを磨いるとホンダの大型バイクに乗った青年が「水を分けてもらえませんか」と友達とやってきました。 どうやら水温が上がりオーバーヒート手前になっていました。 水を補給するのですが、その原因を探っていました。サーモスタットの弁は異常ないか?等々アレコレチェックし、私も一緒に考えました。
で、結論は電動ファンの不良でした。自宅は熊本方面なので高速を巡航速度で流して帰ると自然冷却で帰れるだろうと持ち主は判断したようです。 当方や友人達とのやり取りをじっと見ておられたオーナーが一言、持ち主に言われました「ミュージアムの軽トラックに積んで帰りなさい。館長!軽トラ燃料満タンにしてお貸ししてあげなさい。愛車を無理させちゃ駄目、安産第一でね」
そう、これが感動の瞬間なのです。正に砂漠で水なのです。
今から15年前に、同様の事が私達の身に起きたのです。
どにぺれグループで九州ツーリング中にイワコレへ立ち寄り、内1台のEngトラブルを処置する為、オーナーに初対面ながら修理場所の提供を願い出て、その後部品調達、宿泊までお世話になったことがきっかけで、いつの間にかクラブ員のバイクからグルメに至るまでお世話になっている九州観光には欠かせない我がピットオアシス基地となったイワコレです。
この度の地震で日本全国は元より、世界の各地から1000件を超す激励のメールが来るのも、こうしたオーナーや館長、スタッフの皆様の日々の努力の積み重ねから信頼関係が生まれ育って行くのが解ります。

【写真】 岩下コレクション ウラルジャパン寄贈のドニエプル磨きに夢中の筆者
2016年05月04日(水) No.561 (未分類)
Comment(0)

イワコレ・がまだせ 13(懐かしの4輪)


応援も終盤に入った。この間4輪も磨くチャンスがあった。地震の際の落下物で傷を負ってしまったホンダS800のボンネット。このS800はエンジンキャブなどの出っ張りの為、ボンネット上部に膨らみがあるのが特徴。
https://www.facebook.com/岩下コレクション-155013661192362/timeline/

 このスポーツカーには特に我が青春の思い出が満載されている。今から50年近く前、友人が同型の初期型S600に乗っていて、筆者はバイクで一緒に『よく食べ、よく遊び、よく学バズ、よく走った』記憶が脳裏に焼き付いており、とても懐かしかった。この名車に傷が・・来場下さった皆様にもきっと私の様な青春の思い出があるに違いないと一生懸命磨いたがなかなか傷は完全に修復できなくて残念だった。
休憩を兼ね、内緒で運転席にも座り、あの頃を述懐してみた。当時はめづらしいチェーン駆動をしていたので、スタートさせる時、車のお尻が少し持ち上がる挙動があったのがおもしろい。そして、カーラジオは走り出すと音量が自動でUPするという当時では優れものであった。 考えてみると今から71年前に終戦を迎え、筆者は生まれた、ラジオは真空管、その私が成人する頃、つまり、20年も経たずして日本に新しく名神高速道路が完成し、このスポーツカーを走らせることが出来たなんて・・・本田宗一郎さまの偉大さや日本国民の勤勉さにあらためて感動と感心。
【写真】友人とHONDA SPORT-600 と 我がバイクヤマハYGS−1 80

こうして、懐かしさにかまけてサボっていると、雑誌の記者が来て取材をして行った。
この度の熊本・大分地震をバイクで取材し、地震の凄まじさや現地で頑張っている人々の横顔を紹介しているようだ。
【写真】 バイクと旅の雑誌“道楽”に掲載されたイワコレとオーナー・館長・筆者
2016年05月04日(水) No.560 (未分類)
Comment(0)

イワコレ・がまだせ Ⅻ (来客)


ミュージアムの入り口で作業をしていると臨時閉館を知らない見学者が来館する。バイクで来る方が主だが中には湯布院駅から歩いて来られた方もいる。
駅からだと30分以上はあるだろうしかも北海道からの旅だそうです。でも見学中の地震による事故など、安全を考え、事情を説明し納得していただいた。

 入口付近の作業はさらに良いことがあった。ミュージアムへ見舞いに来られるお偉い方々。私なんかが日常お会いできない様々な方と・・
にわか受付案内人に変身し、中でお茶まで一緒に所望し、楽しく歓談まですることができた。
 中でも、我がクラブ員ならば知らぬ者はいないであろうBMW中野モータースの社長ともお会いできた。
軍用サイドカーの元祖R−75を根幹とする我がクラブ員として、このような方に巡り合えるチャンスを得て嬉しい限りであった。
http://www.bmw.gr.jp/index.htm

 また、R−75が故郷の国ドイツのお客様シュナイダーさん。
3年前に来館されたバイク好きな氏はドイツ銀行勤務で東京駐在が長かったこともあり日本語が堪能なで、急ぐ作業そっちのけに夢中になって色んな話が聴けました。
帰国後、早速ドイツでバイク祭りがあるのでいらっしゃ〜ぁいメッセージを届けてくださいました。
等々と人もうらやむ沢山の役得があり、おかげで汗も吹っ飛んでしまいました。

【写真】BMW中野モータース 中野社長
【写真】ドイツのシュナイダーさんとオーナーと筆者
2016年05月03日(火) No.559 (快調)
Comment(0)

イワコレ・がまだせ Ⅺ (再生作業)


今日までに余震が身体に感じないものも含め1,000回以上あったといわれている。が、今朝までぐっすり寝たので、私達に揺れはまったく感じなかった。でもスタッフの皆さんは地震があったなどと話している。車中泊の場合は寝返りしても揺れるので人体センサーは緩い目に設定していたのだろうか。

さぁ、今朝からリニューアルオープンに向け本格的作業開始だ。
奥魔は昭和レトロ館の陳列可能な物の清掃や雑巾がけ。おしゃれは二の次にして館内では絶対ヘルメットを着用するように指示している。
 私の作業は展示中に傷ついた4輪、2輪車の補修や磨き、第二倉庫に眠っている展示予備車の再展示準備作業である。
 磨いていると、私の心はそのバイクの年代へタイムスリップする。車輌の性格から元オーナーの当時の様子が目に浮かんで来て楽しく、夢中になってしまう。さらにイメージが膨らんで行くと、終戦時に乱立したバイクメーカーの栄枯盛衰、はたまた閉店に伴う労働争議から設計製造者の無念に至るまで膨らんだ想像にいとまは無い。
だが、とにかく日中の作業は暑い!が、寒暖の差で夜の過ごし易さはありがたい。
【写真】スタッフのみなさんとイワコレファンご近所応援隊
【写真】作業中の筆者
2016年05月02日(月) No.558 (未分類)
Comment(0)

イワコレ・がまだせ 勝 淵ーネル1日目)


温泉にもゆっくり浸かり旅の疲をとって、明日から本格的な応援に備える。
「熟睡する為にはアルコールの助けを借りなければ」何て、見え透いた口実がつい出てしまう。
車両の前にはイワコレでお借りした小型冷蔵庫も並んで駐車している。
冷蔵庫から【神戸工場仕様】ラベルのあるキンキンに冷えたビールを出してきて乾杯!と言うと、奥魔曰く
「余震が来たらどうするの?飲酒運転で逃げるの?」と嫌味を言う。

お酒を勧めようとすると「明るい時は、紅くなった顔が目立つから”暗くなるまで待って”」というが、オードリヘップバーンでもあるまいし・・心の中で『オールド、ヒップバーンでは・・』と、暗ら〜くゲーブルになった私は言ってみる。
映画の中なら「君の瞳に乾杯!」というと(カサブランカより)絵になるのだが、神戸のジジババでは早く暗くなってほしい。  
等など、ブツブツ言っていると、オーナーからめずらしい鹿の身とレバーのさしみの差し入れが届いた。
こちらではよくご馳走になるが、油分が少なく、動物臭もなく、美味なもので、みちのくどにぺれハウスでもご馳走になったことがある。

今、こうして車の前へテーブルと椅子を出して一杯のんでいるが、暗くなって引続き車中で呑む行動が飲酒運転ではないのであるが、少々罪悪感が伴うのは何故だろうか?
 少し冷えてきたこともあり、ほろ酔い“期限”も来たので、車中で仰向けになり、天井をフルオープンにスライドすると、即席“プラ寝たリュウーム”に早変わり、天井からキララと沢山の星が降ってきた。
そこで天文学者になった気分で「あれが北斗7星、これが白鳥座・・」でも長くは続かなかった・・要は星名を知らないのである。 が、ここでは【いつの間にか眠りについていた】ということにしておこう。
2016年05月01日(日) No.557 (快調)
Comment(0)