快調談話室

知っておきたい土砂災害の知識


 台風の大雨が原因で、全国各地で大規模な土砂崩れが起きましたが、今後も台風通過に伴い”土砂災害”の危険は増す一方なので、”知っておきたい土砂災害の知識”をまとめてみました。
土砂災害の多くは大雨が原因で起こるため、1時間に20mm以上、または降り始めてから100mm以上の雨量になったら注意すること。(出典土砂災害)

WHの囲炉裏部屋にのぞき窓を造り、“裏山”に流れ落ちる山水を観れるようにしたら、みんな“うらやま”しいだろうと思ったのに、今年の酷暑は一滴の水も流れず涸れていました。
そこへ先日の16号台風、たっぷりと雨を運んでくれました。お茶を点てながら晴耕雨読な日々を…と 想像しながら造った窓でしたが、今はコンピュータと同じで、0か1 日照りの時か、豪雨がある時かの如き二分化されてしまいました。あ〜最っと最適な表現がありました。551の豚まん「ある時―無い時」でした。

注意したい!土砂災害と雨の”密接な関係”とは?
前から降って地中にしみ込んだ水の量が多いほど発生数や規模が増す。 短時間に集中して降る場合のほうが発生しやすく、規模も大きい。特に土石流は、短時間の強い雨が発生の引き金になる。 雨がやんで晴れ上がってから2〜3時間後に災害が起きることも。 雨量だけでなく、斜面の傾き、地質、植生なども関係する。

そこで、名称あらためこの窓を【土砂崩れ監視用窓】とします。ここを覗き視て、山崩れが起きそうになったら一目散に逃げることにします。

がけ崩れの予兆・前兆とは?
・崖から小石がパラパラと落ちてくる・普段出ないところから水が湧いてくる、普段湧いている水が止まる・湧き水が異常に濁っている・石がボロボロと落ちてくる・木の根が切れるような音がする・斜面に亀裂が入っている
等々、調べて行くと気がかりである。

【写真】 ■台風で風に流されるヒノキ達 ■WH前の満杯になった小川 ■山から流れ落ちる山水 ■監視窓から見えた山水
2016年09月22日(木) No.580 (快調::本部基地)
Comment(0)

WH 10周年記念 関連工事


娘が嫁ぐ時、三つ指ついて「お父さんお母さん、長い間お世話になりました」と、TVドラマや映画でよくあるシーンを期待していたが、無かった。そのお蔭と言うのはおかしいが、未だに我が家へ自由に出入りをしており、けじめが無いのが、実はうれしい。しかし、いつまでも接近しすぎるのは危険であり、親離れしないといけないのだが、ある日「お父さん!台所をリニューアルしたいからカンパよろしく!」って、「何ぬっ!?年金生活老夫婦にそのような金は無いのだっ!」とは言ってみる。背中にゾクゾク〜とカンパ(寒波)が走る。 う〜ん、、こりゃまた、タカラれるな・・・と、不安がよぎった。
しかも、娘が処分しようとしているシステムキッチンを見るとWHのキッチンよりも立派で、未だまだ綺麗ではないか。戦後の貧しい時代に育った私達に比べ、ほんと、近頃の若い者は贅沢過ぎる。
“もったいない”世代のおじいさんにはこれを処分する事が許せない。とばかり、WHに移送し、一日がかりで設置した、その【写真】メーカー名は“タカラ”であった。 やはりタカラれたのかな?
2016年09月18日(日) No.579 (快調::本部基地)
Comment(0)

WH近代化(虫対策)


 真夏のWH大窓は当初、網状のカーテンをしていた。しかし、夕方になると、虫がどんどん入って来て、外と内の虫の数が逆転する位。やむ得なく数年後、引違戸と網戸を自作した。大工は得意でも、建具は奥が深く、難しい。丈夫でしっかりしたものを作るには材料を選ばないととても重量物になってしまう。
素人の作った建具は建てつけも悪く隙間だらけ、殊に秋の刈り入れ時期になると、更に細かい稲穂につく小さな虫が増えて来て、以前に比べ密閉度は改善はされているものの、やはり、どこからか入ってくる。

 エエ〜イ、WH建設10周年記念だ!特別サービスとしてアルミサッシに入れ替えよう。と決め、電話帳とネットを駆使し、近くの専門店を物色。窓枠のサイズ表を持って何度か相談に行き、組み方も教えていただいた。セルフビルドすると決めたので、価格も商品代のみで、安価にしてくれた。ただ、商品が届くまでこちらが予め作って置いた外枠に、注文したアルミ引き戸が上手く入るのか?採寸は間違ってなかったか?到着するまで、とても不安であった。 が、ピタりと収まったので、やれやれ・・・・・・・

 今年もお米の収穫が始まったが、これで、虫一一匹入らなくなった。今回のみ我ながら大したもので、
実を言うと、大工作業をしていて、採寸し、ピッタリ合うケースは30%程度、殆どがその後、微調整してはめ込んでいるから時間を要してならない。なので最近では定規やメジャーは信じてない、っていうか自分の脳みそが信じられなくて、採寸は切るものと現物と直接当てがって計るようにしている。それでも間違っていた時は、自己嫌悪に陥る。
あと、大工仕事全体を100とした場合、この間に道具など、もの探しに15〜20%費やしている。やはり、私は痴呆考無員に向いているのだろうか。

【写真】.汽奪系蛤鄒作業中の筆者 後方は自作引き戸
    ▲曠錺ぅ肇ラーにしたアルミサッシの外観 このお蔭で、室内は静かになった。
    C罎らみた外観
    ぞ欧肪屬い討△觧餾爐蓮⊆_鷓邏箸両穏燹
2016年09月11日(日) No.576 (快調::本部基地)
Comment(2)

秋の気配


ログで寝ていると、深夜になって奥魔が「お父さん!外に誰かいるよ!ガサガサ音がする、人かしら・・怖い・・」
耳を澄ますと、確かにガサガサ音がする。『人だったら、入って来ないよ、中にいるこちらの人数も分らないから相手だって怖いはずだ』と何とか言って安心させてみる。
翌朝になって音がしたところを視てみると落ちていた栗の実を食べた跡があった。多分イノシシであろう。
鹿なら、キューン、キューン、キューンと3回続けて鳴くから判る。
そこで今日は落ちる前に栗を収穫した。まだまだ暑い日中でも、栗を目の前にすると、秋の気配がしてきた。
2016年09月04日(日) No.575 (快調::本部基地)
Comment(0)